簡単に言ってしまえば、株とはその株式を発行している会社そのものです。会社は事業運営をしていくための資金が必要です。その資金を得る方法の一つとして、自社の株式を発行し、それを買ってもらうことで不特定多数の人から多くの資金を集めることができます。その一単元そのものが「株」です。企業は投資家が株を買ってくれた資金などを使って、人を雇い、設備に投資して事業を継続・発展させることができます。

株を持っている出資者(投資家)は、その会社の株主総会に出席する権利を持ちます。株主総会はその会社の基本的な方針や重要事項を決定する機関で、出資者はその持っている株の口数に応じて議題の提案権や議決権などを持つことができます。株式会社の経営陣は、株主のためにより多くの利益を出すために事業経営を行う義務を負い、株主である出資者は、会社がより有益に事業を運営できるように基本方針を決め、それに見合う経営を行うことができるリーダーや経営陣を決める権利を持ちます。つまり、「株を持つ」ということは、その会社の経営に対して責任を持つということであり、「その会社の一口オーナーになる」ということにほかなりません。

また株は売買することができます。すでに株を持っている人が株を転売すれば、新しいオーナーがその会社への出資者ということになります。

株の仕組みについて(なぜ損得が出てくるの?)

株を持っている株主は、業績に応じて配当金を受け取る権利を得ます。配当金とはその会社の利益の一部を持っている株の口数に応じて株主に還元するもので、当然業績がよければ高く、業績が悪ければ配当なしと言うこともあります。ですので、業績のいい会社や上がりそうな会社には、高いお金を出してでもこの会社に出資したい、という人が増えてきます。しかし株式の発行部数とその上限は、各会社によって決まっています。株をすでに持っている人は「この値段なら売ってもいいよ」という値段で株を市場に売りに出します。その会社の株が欲しい人が増えれば、「ほかの人よりもっと高い値段を出してもいいからこの株が欲しい」という人が出てきますので、それに伴って株価は上昇します。

逆に業績が著しく下がったり、不祥事を出してしまった会社の株は、「この値段で買ってもらえませんか」と市場に売りに出されます。しかし欲しい人が少なかったり、早く手放してしまいたい人が多かったりしたら、安くしないと売れません。ですのでその分、株価は下落します。また、上場廃止になったり、会社自体が倒産してしまったら、その会社の株はまったく価値のないものになってしまいます。投資家は、そういった利益や損失のリスクも背負うことになります。

企業にとっての株式発行のメリット

企業は株式を発行することで、さまざまな投資家から資金を調達することができます。また、その出資金は返還義務はありません。返済や利息のことを考えなくてすむ経営資金ですので、借入金よりも自由度の高いお金ということができます。また、新たな事業を行なったり、事業を拡大したいと言うときには、「増資」を行い、新株を発行することでその株に見合う資金を市場から調達することができます。

しかし、どんな会社でも株式を発行して不特定多数から資金調達できるわけではなく、株式を発行しようと思ったら証券取引所に株式の上場申請をし、上場審査基準に基づいた上場審査を受け、それをクリアしないと株式の上場はできません。また株式を発行すると言うことは、出資者に対して経営に対する責任を負うと言うことですので、財務状況をオープンにする義務が生じます。

そのため株式を発行しているということが、イコールで信用度の高い会社経営をしているという一つの証明にもなりえます。また、借入金よりも自己資本が大きな会社は財務基盤が安定している会社と見ることができますので、対外的な信用力は上がります。

投資家にとっての株式発行のメリット

会社が株式を発行することによって、結果的に投資家は様々な業種の企業に向けて出資を行うことができます。投資の選択肢が増えると言うことはそれだけリスクを分散できるということであって、もしもの時の損害を最小限に抑える効果が期待できます。

また、投資家自らが経営に参画できることによって、その企業のブランド力を落とさないように常に監視の目を向けることができます。その結果、企業の暴走を食い止めたり、企業経営者による背任、背信行為を抑止することができます。会社自体の信用力やブランド力を高めることができれば、配当金の額(インカムゲイン)の増加が期待でき、株を保有しているだけで資産を増やすことができます。また、株式自体の価値も上がるため、売買に伴う利益(キャピタルゲイン)の増加も期待できるでしょう。

最近では、株式を持っているだけで様々な特典を受けられる、株主優待を充実させた企業の株が人気を集めています。そのような形で企業から株主への利益の還元を受けることができるのも、投資家にとってのメリットの一つと言えるでしょう。