IPO株とは、Initial Public Offering の略語で、日本語訳すると「新規公開株」や「新規上場株」と言います。新たに証券市場に上場する企業(銘柄)をIPOといいます。具体的には、株を投資家に売り出して、証券取引所に上場し、だれでも株取引ができるようにすることです。そして、IPO株投資とは、新規上場するときに投資家に配られる株を買う権利を抽選で手に入れ、上場日のはじめにつく株価(初値)で株を売ることで利益を出すことです。もっと簡単に言うと、上場する前に株を手に入れて、上場日に売るという作業です。

IPOのメリットとして、株を事前に安く手に入れられる可能性が挙げられます。IPOの公募価格(上場前の株価)は割と安めに設定されているこがあります。企業が上場すると一般の投資家たちも購入することが可能になり、人気がある企業の場合、株価が公募価格よりもはるかに大きく値上がりすることがあります。

IPO株を購入すまでの流れ

株式市場に新しい企業が上場しますと発表されてから、私たちが購入するまでには一連の流れがあります。まず厳しい審査基準を満たした企業が、東証やジャスダックなどへの上場が認められます。そして新規上場される企業の株価の仮条件が決まります。仮条件とは公募価格の仮条件のことで、幅を持った価格帯が決定されます。この価格帯は、機関投資家などにヒアリングをして決定され、人気IPOともなると想定価格より大幅に引き上げられることがあります。そして公募価格で応募した人の中から抽選されます。抽選の内容は証券会社により異なります。ここで落選となった場合は、資金拘束がここで終わりになります。そして当選した場合はこの期間内に購入申込を行います。

証券会社によって期間が短かったりしますので注意が必要です。またネット証券などでは当選後のキャンセルは可能です。そして上場日です。初値売りの場合は当日の朝に売り注文を出します。注文ミスや突発的なシステムエラーなども考慮して指値注文での売り注文が主流となっています。

IPO株の当選確率は

IPO株を始めたばかりの方が一番最初に直面するのがIPO株にどれだけ申し込んでも抽選が当たらないということです。そしてそれだけであきらめてしまう方も多くいらっしゃいます。ですが基本的なことを意識するだけでIPO株の当選確率を大きく上げることができるのです。まずはじめに主幹事を確認する。IPO株の当選確率を上げるためにまず重要なのが主幹事です。主幹事とはIPOをする企業に対して公開準備指導、公開審査、株式の引受・販売の3つを主に行う証券会社です。

次に主幹事を確認したらその主幹事と幹事の比率を読むことです。そして、自分が狙っているIPOにはどれくらいのライバルがいるのかを知ることです。そして最後にネット申込を支店申込を活用することです。IPOは証券会社の各支店で申込みができます。しかし一部の証券会社ではインターネット取引の口座でも受付していますので、おそらく多くの方がインターネット取引に手IPOを申込されています。

IPO株は儲かるのか

IPO株が儲かるということですが、IPOで提供される公募価格は適正価格より安く設定されることが多く、上場後に価格が大きく上昇する傾向があります。特に公募株数が少ない案件や、人気が高い企業のIPOは上場後、数倍に跳ね上がることもあります。なのでIPOでは定価より安く買うことができるので、発売後に定価で売れば利益が出るということです。次にIPOで公募される株は数量限定発売です。大量に販売される株は取得が楽ですが大きな値上がりは見込めません。

逆に当選が難しい株は、上場後に大きく値上がりする可能性があります。宝くじのようなものですが、IPOには宝くじにはないメリットがあります。それは抽選に外れた場合、応募した金額がすべて返ってくるということです。さらに当選有無にかかわらずIPO株の買い付け手数料は無料です。このようなことからIPOには大きなチャンスがあります。リターンが大きい割にリスクがかなり低いので初心者にもおすすめです。