株式投資を始める前に必ず考えなくてはいけないのは資金、予算になるのですが、その次にどういう取引形態にするかということになります。短期投資なのか、長期なのか配当か、差益なのか、その範囲が決まった後にはどういう形態で取引をするか、という選択があります。つまり、営業マンやコールセンターを介して取引を行うか、インターネット取引で一人で取引をするかの選択です。

まず、最初にインターネット取引と選択してしまうと無計画な投資になる場合がありますので、最初は無理にインターネットと限定する方も昨今は多いようですが、ここは多少、手数料が高くても総合証券や地場の証券会社の店頭取引とインターネット取引を組み合わせた取引が無難のように思います。なにしろ、初めての証券投資であればわからないことだらけですし、お金を失う恐怖というのは筆舌に尽くしがたいものがありますので一人でやっていると本当に孤独な気分になるものだからです。慣れたらインターネット専業の証券会社に移行すればいいのです。つまり、投資目的に合わせて、証券会社の口座をインターネット専業か、総合証券等の証券口座を開設すればいいだけの話になります。

株取引をネットで行うメリット

株取引をネットで行うメリットの圧倒的な理由は手数料が安いということが最大のポイントになります。店頭取引等の総合証券等の取引は実際の取引はコンピュターでやっているのですが、そのあなたの注文を営業マン等の証券外務員がパソコンに打ち込んでいるだけの話になります。つまり人を介して取引をしていますので、人件費が1人の顧客に対しては必ず1人の外務員が必要になります。あくまでも証券会社の顧客が一斉に注文を出してきた場合になります。

こういった人を雇うコストというのは現代社会では一番かかるコストとして敬遠をされているのです。つまり店頭取引を行う証券会社としてもその人件費というのはカットしたいのは山々なのですが、ニーズがあるので今でも存在をするのです。おそらく将来的にはこの取引はなくなると思いますが、お金を失うことと戦うのはあくまでも投資家個人であって、一人で戦うのにはさびしいという人は証券マンと話をするということによってそのストレスを解消するという選択もあります。

株取引をネットで行うデメリット

株取引をネットで行うデメリットはやはり、孤独と情報ということになります。たとえば、店頭取引で苦い思い出があるという方はたくさんいらっしゃると思います。その証券マンに過大な期待をかけた投資家にも責任があります。実は株の売買の注文を受ける証券外務員というのは国家資格になるのですが、この資格の成立は顧客とのトラブルがやはりお金の絡む問題なので多発するため、それを防止する意味合いで設けられた制度になります。つまり、証券外務員という制度は最低限、顧客とのトラブルを防ぐために作られた制度ですので実は外務員は相場のプロでもなんでもありません。

また外務員には断定的な判断の提供は厳しく禁じられており、つまりこの株は必ず上昇しますよ、というような表現は絶対にしてはいけないという規定があることからわかるように、ちっとも国からも相場のプロとは認定されていないことが現状です。しかし、証券業界内部の情報や流行には一般投資家よりも精通しておりその話や新商品や最近のトレンドの話も参考になる場合も多々あります。