割安とは株価と業績などから判断します。例えばPER(株価収益率)は、株価×発行済み株式数で算出される時価総額を純利益で割ることで算出できますが、この値が小さいほど会社が稼ぐ利益に対して株価が割安であると判断することができます。注意点としては、単独で算出した値から判断するのではなく、同じ会社の過去の値と比較したり、同業や同規模の会社と比較してどうなのかという判断をすることが必要です。

また、PCFR(株価キャッシュフロー倍率)は、株価が1株当たりのキャッシュフローの何倍に当たるかを見る指標です。この指標は設備投資を積極的に行った企業は、利益を設備投資に回していますので、利益が減り、PERの値が大きくなることになります。その場合には、PERに対する正しい判断が行えませんので、それを補完する目的で利用されます。PCFRの算出方法は、株価を1株あたりのキャッシュフロー(営業キャッシュフローを発行済み株式数で割ります)で割ることで算出できます。

企業の価値を分析するファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは企業の財務状況や経営状況、将来性など企業が持つ本質的な価値を分析する手法です。現在の株価の割安感や割高感を測ったり、将来の株価を予想する指標が多いです。代表的なものとしては、株価収益率(PER)や株価純資産倍率(PBR)、株主資本利益率(ROE)があります。ファンダメンタルズ分析は基礎的数値から企業の価値を推測する分析法ですが、その時々のチャートの動きなどを考慮しないという特徴があります。企業の財務、経営状況は短期間で変化するわけではなく、業績が予想よりも良くなり、上方修正などのニュースでもない限り、株価に影響することは少ないため、ファンダメンタルズ分析は中長期のトレードに向いた指標ということができます。

ファンダメンタルの優れた企業は、安心感や割安感があると判断され買われていきますので、ある程度長期的に見据えながら配当や株主優待も同時に狙っていくような中長期トレードに向くという理由です。

企業の価値を判断する基準

企業の価値を決めるポイントには幾つかあります。みんなが興味を持っている会社や業界であるかどうか、将来的に成長または安定して収益を確保することができそうかどうか、内部的にお金を蓄えていそう(内部留保が厚い)という点などがあります。これらを測定する指標にも様々なものがあります。純資産ベースで算出するもの、将来の予想キャッシュフローから算出するもの(ディスカウントキャッシュフロー)、そして利益や売上などの指標に対する割合で求めるもの(マルチプル法)などいろいろあります。その中でもよく使われる指標が冒頭で説明したPERです。PERについては、利益が急減すると値が跳ね上がってしまうなど、高い値が出ているからといって必ずしも高い評価を意味しないこともある、といったデメリットもありますが、なんといっても手に入りやすい少ないデータでも計算が簡単ですし、株初心者の人にでも感覚的によく理解できるというのが長所です。

簡単で奥が深い指標PER

冒頭でっせつめいしたPERについて、詳しく見てみましょう。PERは言い方を変えると、その企業の株が、一株あたり利益の何倍まで買われているかということになります。株価や利益を使って算出しますが、その値については、企業が4半期ごとに発表しているものを使う場合もあります。どの時点の数値を使うかによって大きく異なる値となりますので注意が必要です。また、予想 PERという指標がありますが、この計算に使う利益は、予想された利益です。さらに言うと、この予想された利益については、予想した人によって異なりますので、企業が発表した数値なのか、取材した側の判断によるものなのかによって異なる可能性があるということを頭に入れておく必要があります。

PERについては、さらに発展した判断方法があります。当面期待できる「1株あたりの利益の成長率」に対し、直近のPERが何倍になっているかを示す比率を重視したものです。これは「PEGレシオ比率」という指標です。REGレシオについては、2倍を超えると割高と判断されます。割安の判断は少し難しく、成長期の企業であれば0.9倍程度、習熟期の企業であれば1.4倍程度を下回ると割安と判断することが多いです。

他にも、PERの使い方については成長段階の異なる企業の比較には向かないですとか、比較する類似企業や業界に気をつけるといった注意点がありますがそういった注意点を理解して使用すれば、とても有効な指標となります。