株取引における現物買いとは、証券会社に預けた現金(預託金といいます)で、売買する時点で買える分を、証券会社を通じて買うことを言います。たとえば、あなたがトヨタの株を買いたいと思った際に、トヨタの株価が6,000円だったとします。トヨタの株は、単元株数が100株です、これは、最低100株単位で売買ができる、という意味です。したがって、6,000円×100株=600,000円の現金が、トヨタの株を買うためには、最低必要になります。6,000円×200株=1,200,000円+手数料、6,000円×300株=1,800,000円というように、単元株単位で買うことができ、売るときも単元株単位で売ることができます。300株買って、値上がりしたところで、100株だけ売る、などもできます。

以上の売買代金とは別に、証券会社に支払う売買手数料が必要になりますので、最低でも600,000円+手数料分を証券会社に預けなければ、トヨタの株は買えません。このように、現物買いとは、証券会社にお金を預けた金額の中から、株数×株価+手数料で、株式を購入することを言います。

現物買いは、買った以上のお金を損することがない

現物買いで最も良いことは、買ったときに最大限損をする金額が確定することだと言えるでしょう。たとえば、トヨタ株の例では、600,000円+手数料が、あなたが背負うリスクのすべてです。たとえトヨタが倒産(トヨタが倒産したら株のことなんか気にしていられないほどの大不況になるでしょうが)しても、それ以上の損失を被ることは100%ありません。ただし、ほかの株式や証券会社に預けている資産を担保にして取引している場合は、その担保分も失うリスクはあります。しかし、証券会社に現金を預けて、その金額内で取引している場合は、リスクが100%限定されます。

信用取引やfxなどの証拠金取引の場合は、買った(あるいは売った)時点にかかった金額を超えて損失を出すことがありますので、自己資金の管理がきわめて重要です(相場から片時も目を離すことができません)。現物株の取引きでは、証拠金取引に比べて、そこまでの気遣いは必要がないと言えるでしょう。ただし、後述するように、安易にはじめてよいという意味では決してありませんので注意してください。

現物株のデメリット。買えるものしか買えない。

当たり前のように聞こえますよね。買えるものしか買えない。大雑把にいいますと、買えるものしか買えないには、二つの意味があります。

  • 自己資金が株価×単元株数以上ないと買えない。
  • 買っていない株を売ることができない。

一つ目の意味はこうです。トヨタの例でいいますと、トヨタの株式が買いたい場合は、最低でも6,000円×100株=600,000円を、あなたが証券会社に預けていなければ、買うことができません。あなたが、自己資金500,000円で現物株式の売買を始めたいと考えていたならば、選択肢は、トヨタ以外の株を買うか、トヨタの株が5,000円以下まで下がるまで待つかの二つしかないのです。信用取引であれば、預託金を証拠金として扱いますので、簡単に言いますと、株価の変動が予測される分(損するリスクのある分)を預けておけば売買できるので、株価×単元株以下でも売買できる可能性があります(実際には、もっと複雑ですので、信用取引を始める際はよくよく制度を勉強する必要があります)。しかし現物株では、自己資金以上の取引はできないのです。

二つ目は、買っていない株を売ることができません。たとえば、ある株式について、企業業績などから考えて、高すぎるとあなたが考えた場合、信用取引であれば、売りから入って株価の値下がりで利益を上げることができます。ただ、売りから入る取引で利益を上げるのは、株式取引ではとても難しいので、株取引を本業として生計を立てることを考えている人以外には、まったくおすすめいたしません。

初心者が株式の現物買いからといわれる意味

ここまでの説明で十分に理解していただけたと思いますが、株取引を始めるのであれば、現物買いから始めるのが良いと思います。その理由は「買ったときに支払った金額以上には決して損をしない」ということにつきると思います。しかし、「買ったときに支払った金額は無くなってしまうかもしれない」ということですから、安易にはじめるのはおすすめしません。私自身もそうでしたが、株取引は現物買いからということは、株の初心者向けガイドなど、いろいろなところに買いてありますので、10万円くらいではじめて、それがうまくいって12万円くらいになって、2万円設けたりすると、よしこれなら100万だったら、120万になるし、1,000万なら1,200万になるなと考えてしまい、安易に1,000万円を株取引に使うようなことをしがちです。

でも決して忘れないでください。「買ったときに支払った金額は無くなってしまうかもしれない」のです。「そんなこと言っても0円になることはめったにないでしょ。」そう思ったあなた。リーマンショックのとき、不動産関係のベンチャー企業がどれだけ倒産したか。あのようなことが起こると、いざ売りたいと思っても、連日ストップ安(買いたい人が一人もしないで、売りたい人ばかりになって、売買が成立しない状態なること)になって、一週間以上売ることができず、結局、1,000万円で購入した株式の価値が、一週間後には100万円になっていたというようなことは、本当に多くの株取引で起こったのです。ですから、初心者は現物買いからという意味は、現物買いは簡単に儲かってリスクは無い、という意味では決してないことをよくよく理解していただきたいと思います。