証券会社の口座開設について、とても難しいというイメージをお持ちではないでしょうか。現在は株を始めるまでのハードルがとても低くなっており、始めようと思えば大学生であってもすぐに口座を解説し、取引を始められるほどになっています。この記事では、株への投資を始める前の準備について解説します。株を始めたいとお考えの方は、まず株取引を始める前に、証券会社で口座を開設する必要があります。口座に資金を入金し、口座内のお金を使って株を購入するというシステムになっているためです。株の購入には基本的に手数料がかかります。手数料は、株の購入額によって大きく変わります。

また、選ぶ証券会社によって様々な制度に違いがありますので、口座の開設前に様々な証券会社について調べ、検討することが大事です。口座の開設のためには身分証明書などの書類が必要となりますので、その準備も忘れないようにしましょう。必要書類については、証券会社のホームページや資料を読むことで確認できます。口座の開設につまずくことのないよう、注意をよく読んでから開設手続きに入りましょう。それでは、続いて証券会社を選ぶポイントについて説明したいと思います。

証券会社はどのようにして選ぶべき?

証券会社を選ぶにあたって大事なことは、自分がどのような取引を行うかについて考え、一番自分にあっている証券会社はどれであるのかを考えてみることです。例えば、現在証券会社には「総合証券」と「ネット証券」の二種類が存在します。総合証券は各地に支店を持ち、営業を行う証券マンと相談しながら株取引をすることができます。これによるメリットは、細かい手続きを会社の方と対面で行うことができるため、わからないことについてすぐに聞けることです。反対にデメリットを挙げると、電話や対面営業で人件費がかかるなどの理由から株を購入する際の手数料が高くなってしまうことです。ネット証券はインターネット上で株取引を行うというシステムです。こちらはすべての作業を自分で行うこととなります。メリットもデメリットも、この「自分で手続を行う」ということになるでしょう。また、ネット上で作業を行うこともあり、手数料が安いことが他に挙げられます。

さらに、総合証券やネット証券にはそれぞれ沢山の会社が存在しています。どちらかを選んだ後に、その種類に属する様々な会社の情報を調べ、一番自分に向いているものを探しましょう。手数料は会社によって制度が異なっていますし、また最近ではスマホから取引ができる会社なども存在しています。そしてもう一つ、ご自分でお持ちの銀行と提携している証券会社を選ぶことで、様々な手数料を安く済ませることもできます。こちらの情報については、後の項目に詳しく記載したいと思います。次の項目では、口座の開設までについて解説します。

証券会社に資料を請求し、スタート地点へ

証券会社を決めたら、その会社の資料を請求し、いよいよ口座の開設に入ります。ここで注意したいことは、特にネット証券においては資料請求の必要がなく、公式サイトから資料に値する会社の情報を得て、そのまま口座開設の手続きをウェブ上で行うことができる場合がほとんどであるということです。ただし、近年では総合証券も口座の開設をネットで行うことができる場合がありますので、ホームページや資料を読んでご確認ください。口座開設をウェブ上で行う場合は、身分証明書などの必要書類をスキャンしたり、デジタルカメラやスマホで撮影したものを転送したりといった方法でPCに画像ファイルを保存し、アップロードする必要がある場合がほとんどです。

身分証明書が会社で確認できなかった場合、手続きをやり直すことになるなどの関係で取引開始までに時間がかかってしまうことがあります。なお、総合証券の口座を店頭で開設する場合は、適切な書類を持っていけばその場で開設できます。次の項目においては、講座の開設が完了し、実際に取引を開始するまでの流れを説明します。

口座に入金し、いよいよ取引を開始

口座を解説した後は、口座に取引に必要な金額を入金することで、いよいよ取引開始となります。入金方法は様々ですが、近年ではお持ちの銀行口座から即時(リアルタイム)入金が可能な場合が多くなっています。銀行口座から引き落とす金額をネット上で入力し、手続きを行うことによってその場で料金が引き落とされ、自動で証券会社の口座に引き落とされた金額が入金され、手続きが可能となります。注意するべき点は、証券会社と銀行が提携していなければ即時入金ができないことです。

そのため、できるだけご自分が口座をお持ちの銀行と提携していて即時入金が可能であり、なおかつ振込・振替の手数料が無料である証券口座を開設することをおすすめします。入金完了後は、いよいよ株の購入です。証券会社によっては、取引を行うにあたって必要な情報を集めることができるツールなども用意されています。これらのツールを駆使して、合理的な株投資を行うことをおすすめします。