投資信託という言葉を聞いて何を思い浮かべますでしょうか?聞いたことがない方には何それ?という方も多いと思いますが、この言葉の成り立ちは投資する資金を信託銀行に預けるという意味になります。その信託銀行の中で投資組合を作りそれをプロの運用に任せるという運用手法のことになります。この投資信託という言葉の他にファンドといったりします。ファンドとは文字通り投資組合のことを指し、ヘッジファンドというのはその運用に保険を掛けているファンドということになります。ヘッジファンドは基本的には何かを買ったら必ず保険のためにその相場が運用者の思惑通りにいかないときのために、保険で買ったものにたいして何かの金融商品を売って保険をかけてリスクを軽減するという意味になります。

日本ではこの運用者や投資組合、投資顧問会社などを金融庁が管理をしていてその運用の不正や顧客とのトラブル回避に役立てています。簡単にいえば投資のことがわからない人のために、変わって国から認可を受けた運用者が変わりに運用が行ってくれるというものになります。

投資信託のメリットとは?

投資信託の最大のメリットは投資に関しての勉強する時間がない投資家や勉強して実際に投資をしたけれど自分では上手に儲けることができない、資産を運用できない人に変わって国から認可を受けたファンドマネージャーが投資家に代わって運用をする運用方法のことになります。つまり、どんな人でもこの投資信託やファンドに投資ができるということになり、それが投資のことが分からない人でもわかっている人でもその同じ投資信託に投資した投資家の分配金は一緒であるということが最大のメリットになります。

また最近はファンドの運用益は毎月型がそのファンドが解散をしたときに分配金を受け取れるタイプなどその運用益の受け取り方も多種多様に渡り選択肢の幅が広がっています。そしてこの投資信託のデメリットを解消したETF、上場投資信託という商品が東京証券取引所に上場されており時価やその配当金が誰の目にも明らかになるようなファンドも登場をしています。

プロが運用する弊害が投資信託にはある?

プロが運用する投資信託になりますが、そのメリットは投資が上手ではない人も、上手な人もその投資信託に投資した結果というのはその出資の金額に応じて平等であることがっ最大のメリットということは説明をしましたがメリットがあれば当然、デメリットもあるのも当然の話になります。まず、投資家が一番重要視する手数料が異常に高いということにあります。しかもその手数料というのは前払いでたとえばあなたが100万円を出資しようとしたときにその販売手数料というのがかかります。ですから100万円からスタートしても自分の資産が98万円からスタートしている場合もあります。

そのほか投資組合を通じて、証券会社を仲介して株の売買をすることになるのですが、その仲介手数料も運用益から差し引かれることを勘案すれば非常に高い手数料になります。その上、運用益がでればファンドマネージャーに成功報酬を支払うことになります。また、オープン型のファンドの場合そのファンドには参加の自由も脱退の自由もありますが、そのファンドの投資組合に加入する場合の時価は購入した後でないとほとんどの投資信託の価格はわからないのがデメリットになります。

投資信託よろも株のほうがおすすめ!

個人的には投資のシステムやどのようにやれば、上手な資産運用になるかを知っている人にとっては株式を自分で売買することのほうが全然、お得になります。なぜなら、投資信託の手数料や成功報酬等を支払うとほとんど運用益が多くても手数料によって多くの利益が飛んでしまうケースが多いからになります。

また、その手数料と成功報酬のほかにも地方税と国税の税金もかかることを忘れてはなりません。つまりプロのファンドマネージャーと比べてそん色のない取引ができる投資家にとっては自分でやったほうが格段にお得になるのです。しかし、世の中にはいろいろな人がいて、投資に関して勉強をする時間がない人や、勉強してもわからない人もいますし、もちろん本業が忙しすぎて投資をやっているヒマ、時間がないという方にとっては魅惑的な商品となります。もちろん、ファンドマネージャーや投資組合等に人を介した取引になりますので当然、手数料等の経費は普通の取引をやった以上の経費がかかることは承知をしておいたほうがいいと思います。