株式の配当とは、簡単にいえば銀行の利子とかんがえればいいと思います。たとえば、銀行にお金を普通預金に預けておけば1年間の通算で利息を受け取ることができます。kぉれに対して税金は国税と地方税が20パーセント程度課税をされます。この課税は株式の配当金と一緒の課税になりますので、呼び方は一緒ですが、税法上は同一の課税方式をとっていますので一緒のものだという認識をもてばいいと思います。しかし、銀行の利息と株式の配当には違う点が何点かは存在します。

一番の違いは銀行預金がペイオフ等の制度もありますが、基本的には預金の元本割れはありませんが株式は出資したお金がすべて却ってくる保証がないということが一番の違いになります。しかし一方で株式の配当金に関しては銀行預金は1日当たりの利息を計算して年に一般的には一回口座に振り込みをしますが、配当金は権利確定日にその株を保有していればその配当金を受け取る権利があります。ですから、銀行預金と比べてデメリット、メリット甲乙つけがたいと思います。金融界の常識になりますが、銀行預金はリスクのないお金の保管に、株式市場はリスクに晒しても大丈夫なお金という定義があります。

株主優待について考える

株式投資の株とは企業の運営を行うための資本を小口化したものが株券といわれる金融商品になります。すなわち、上場企業は投資家からお金を借りて企業を運営しているのですからその借りたお金に関しては必ず利息がつきます。それが配当金に当たるものです。ところが、上場企業が全部健全な会社とは限らないためその配当金が無配当になることもあります。しかし、この救済措置として株価の上下動によって利益を得ることのできる差益決済もあることも、株式市場の特徴になります。

しかし、このような株式市場には上場している会社だけでも3000社以上の会社がありその中には、全く注目もされない会社があるのです。このような会社は毎年好業績を残して、売上も伸びているのに株価が上昇をしないというジレンマを抱えている会社もあります。

このような会社は自社株買いをして株価を上げること等の選択肢もありますが、投資家にもっと自社をアピールするためにその会社に株主になったらさまざまな特典を与えるという名目での費用を予算に計上している会社もあるのです。つまり、世間で注目を浴びたい会社や宣伝を行いたい会社が配当の他に株主優待を行うのです。

権利確定日について考える

銀行預金の利息というのは1年間の預け入れ資産に対してその利息を日々計算したうえ、税金を控除してからあなたの口座に振り込まれるのが一般的です。しかし、株主優待の特典を受けるためにはたった一日だけ株主になればいい日があるのです。その日は会社の定款や細則に謳われていることになりますので詳細は各会社にご確認をください。ただし、日本の会社のその権利が確定する日はたいていの場合は年度末近辺、つまり3月の末日近辺になりますが、そうでない会社も多くありますのでよく調べたほうが投資をしたほうがよいでしょう。

この株主優待の権利が確定をする日を権利確定日といいますが、その日の大引けまでその株式を持たなくてはその権利は成立をしませんので注意をお願いしたいものです。株式市場ではこういった権利や最終約定は必ず大引けの値段にて確定をしますのでその日の半日だけ株を以て権利確定とはなりませんので要注意になります。この権利確定日は株式の配当もその権利の確定日になることがほとんどになります。