投資関連の雑誌やサイトなどを見ていると「○○の銘柄が株式分割実施!」、「株式分割によってより投資しやすく・・・」といったニュースに出くわしますよね。さてこの「株式分割」というのは何かといいますと、これは名の通り、1つの株式を2つに分ける事”です。例えば、発行株式数100万株の銘柄が株式分割を行いますと、発行株式数は200万株となり単純に2倍になります。株式分割を簡単に言えばたったこれだけの話です。

株式分割が行われると、後述するとおり、企業側にとっても投資家側にとってもメリット(好材料)となってきますので、それまでより株価が上昇する場合が多いです。なお、株式分割は様々な銘柄で行われます。規模の小さい新興企業やベンチャー企業が株式分割を行う事もありますし、東証一部に上場している誰もが知っている様なマンモス銘柄が株式分割を行う事もあります。このため株式投資をしている以上、いずれどこかで株式分割と関わる可能性は誰にでもあります。

株式分割って具体的にどんな仕組みなの?

さて、「株式分割で株が2つに分かれる?」、「それで投資家側はどうなるの?」という方もいらしゃるかと思いますので、もう少し詳しく株式分割の仕組みをご紹介していきます。株式分割が行われると1つの株が2つに分かれますが、それと同時に株価が半減します。例えばあなたが、100株の株式を1000円保有していたとします。この状態で株式分割が行われる200株の株式を500円で保有している形となります。この様に投資家側から見ると、保有株式数が2倍となり、保有株価が半分になるという形になります。このため、株式の価値は以前と変わらず、資産(買付余力)も以前と全く変わりませんので、金銭的には投資側には利益も損失も生まれません。

ですが、後々投資側には以下の様な恩恵が生まれてきます。

  • 株式数が2倍になっているので、細かく資産管理・売買が行える様になる。
  • 貰える配当額が増える事がある。(株式分割を行っても1株当たりの配当額を変えない銘柄もあります。その場合は株式数が増えてる分配当額が増えます。)

企業が株式を分割する理由はなに?

企業が株式分割を行う理由は、株式を買い易くし株価を上げるためです。株式分割により株価は半減しますので、これまでは株価が高くて買えなかった投資家まで、株式取引に参加してきます。このため買い側の意欲が増え株価は上昇していく傾向があります。また、それにより買いと売りの売買も活性化するため、これも株価を押し上げる一つの要素となってきます。(ただし、売買は活性化しますが100%必ず株価が上がるという訳ではありません。)

加えて、発行株式数が増える事もこれを後押しします。極端な話、発行株式数が1株しかない銘柄なら最低1人しか購入できませんが、それが株式分割で2株になれば最低2人が購入できます。発行株式数が増える事も、株式取引への参加者を増やし、売買を活性化させる要素となるのです。ですが一方で、株式分割を行うと株主が増えてしまうため、株主総会への招待状の手配、株主総会の会場の拡大など、株主イベントに関する費用が増えてしまうというデメリットも生まれてきます。

株式分割の権利を得るためには

株式分割が行われる銘柄を取引する場合、注意点があります。株式分割が適用されるには、権利が必要です。投資家側が株主分割の権利を得るためには、「権利付き最終日(権利取り日)」までにその株式を保有しておく必要があります。権利付き最終日(権利取り日)とうのは権利日の3営業日前となります。例えば、株式分割の権利日が4月10日(金)と定められている場合、その3営業日前となる4月7日(火)までに株式を保有しておく必要があります。

簡単に言えば、例えば権利日の3営業日前までに株式を保有しておけば、株式分割に株数が2倍になり、株価半減の影響を受けません。3営業日内に株式ほ保有し、株式分割まで持ち越してしまった場合は、株数が2倍にならず、株価が半減するため、その分の資金が減ってしまいます。既に以前から株式を保有している方は特に気にする必要はありませんが、権利日の3営業日前になってから新たに株式の購入や買い増しをしようとしている方は注意しておく必要があります。