株式市場は何のためにやるのかをロジカルに考えていくと、儲けるためにやっている、資産の運用のためにやっているひと が過半になると思います。しかし、現実的にはマニアックな方も居て、学術的な研究のためですとか、チャートが動いているのを眺めるのが楽しいからやっているというマニアックな方もいらっしゃいます。そういう方は論外の方々になりますので相手にする必要もない人種の方々になります。つまり、普段の買いモノであっても同じ品質、質量の場合であればできるだけ安いとことで買いたいのが人情というものです。そのために割安なものを必死に探す、そう巷の主婦が1円でも安い買いモノをしたがるという行為と一緒で株式市場でもみなさん、1円でも安い場所を必死で探して、その高い買いモノを一生懸命、自分が必死で一番高いところで売ってやろうという気概が必要なのです。

ある種、長年やってきているとそういういいところで売る、買うという行為は無理だというあきらめの境地にもなりますがしかし、安いところで買って高いところで売るということは誰しもそうなりたいものだろ考えるのです。株式市場が資産運用の場と考えるとみなが利益を出したいと思っているのですから利益の確定が重要ということは言うまでもありません。

利益確定にはロジカルな側面も必要

利益確定というのは非常に難しいと思うというひと人はたくさんいらっしゃると思います。たとえば、この会社の株が有望としてその株を買ったとします。そのときにあなたが事前の準備をどのくらいしたのか、というのがこの利益確定を大きく左右することは確かなことと思う方が過半になると思いますすがいかがでしょうか?たとえば、この会社が有望とした理由を紙やパソコンに書き出し、その結果、○年○月には株価は○円にるということを決めて買ったとします。

そして、その時期にその株価にその会社の株価が来たとします。当然、利食いをするのが当たり前の行為になりますが、人間欲深いものでもっと上がるのではないのか?と思うのが人間だと思いますし、その経験をした人はたくさんいらっしゃると思います。そこで期間と株価を延長して持ち続けるのだけどその結果というのはたいてい悲惨なものになります。

つまり、事前準備においてロジカルな側面を持ち合わせてこの株価はこれ以上に上がらないという確信なく株を買うからこういうことが起こるのです。もちろん、初心者にはそのような予測は無理ですから確信がないことで、自分の予測が間違っているかもしれないと思うと欲深くその株を保有してしますのです。つまり、不確定の中の予測なので、結局は自分が決めた事を守れるか否かの精神勝負の側面は株式投資はもっているのです。

損切りと利食いの使い方

株式の売買は売りと買いの二種類と思っている方が多数になります。実は株式の売買の種類というのは現物取引しかやらない方には3種類になりますが実はレバレッジを効かせた取引では5種類になります。この基本をわかっていない方が多くいることが多くの損を出す結果となっていると考えます。現物取引の売買の種類は新規買い、転売、待つになります。そのほかの取引の場合は新規買い、新規売り、転売、買戻しになります。株式取引の特に短期売買などを手掛けてる方は特に注意が必要なのですが売り、買いの他に待ちという選択肢を並べておかないと必ず陥る病気があります。つまり、株をもっていないと不安になる症候群でポジション病といいます。この待ちという選択肢がない方は今後の株価がわからないときでも株を持ちたがる傾向にあります。

また、損切り、利益確定のポイントは株を保有する前に決めておくのが一番大事なことです。目の前のお金が増えて行く、減っていくのを前にしたら冷静な判断を期待するのは無理です。買う前に決めておくことが非常に大事なことです。

売るタイミング、利益確定の考え方

株をやって利益を確定するときに悩む方は大勢いらっしゃると思います。そのときに参考になるのが自分が株を買う前に考えていたことが非常に重要なことになります。つまり、株を買ってそれがうまく上昇している時点で人間の心理はバブルになっています。バブルというのはイコール狂気と捉えてもいいですし、気分がハイになってまともな判断ができる状態ではないということになります。このまともな状態でない場合はたいていの場合はその利益確定は早くなります。つまり、株を買う前に何を考えていたのが非常に重要なことになります。買う前はそのリスクや期待を考えある程度、慎重な考えのもとに買っていますかた非常に参考になります。

また、一方でネットや新聞で他の人に考えも探る手もありますが、その方々も自身がバブルの心境になってめちゃくちゃなことを書いているという意識がたくさんいことも事実ですのでその見分けができないという方には参考にもなりませんし、却ってそれが毒になる可能性のほうが高いと思います。